Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

FrontPage

北海道から安心・安全の食卓を応援します

『食べたいからつくる』

はじめまして はたけ処 らでぃか です。
突然ですが、『食べたいからつくる』とは、どういうことなのでしょうか?
それは、私たちが農業を続ける原動力でした。

美味しさを求めて

はたけ処 らでぃかの畑で栽培された穀物や野菜の一番のファンは、私たちです。
種から栽培し、お世話をし、収穫して初めて食べるとき、色々なことが思い出されて、これほど美味しく、うれしいことはありません。

その美味しさを追求して、たどり着いたのが、肥料や農薬も使わない自然栽培でした。
自然栽培でできたものは、安心・安全というのはもちろんですが、
それよりも美味しいというのがうれしい特徴です。

提供する農産物は私たちが食べるものと同じです。

よく言われることですが、農家の人は自分が食べる野菜には農薬をかけない人が多いです。その危険性を自覚しているからでしょう。

私たちは、肥料や農薬を使う栽培から始め、『食べたいからつくる』を毎年、続けてきました。そして、美味しいを追求し、ふと振り返ってみると、すべての畑で自然栽培になっていました。
つまり、私達の食べるものと、お客様の食べるものに安心・安全の差がなくなったことになります。

自然の恵みの感動をみなさまへ

『食べたいからつくる』は、いわば趣味の感覚です。
趣味でパンを焼いたり、お菓子を作ったりする人たちは、
「まえ作ったものより、もっと良いものを作ろう」と、限界を追い求めますよね。
これと同じです。

だから、『食べたいからつくる』は、私達が農業を続ける原動力であるばかりでなく、
作り手と買い手の食べるものに安心・安全の差がなくなったことで、

「自然の恵みの感動をみなさまへ」

と心から思えるようになりました。


安心・安全の農産物とは?

『食べたいからつくる』は、安心・安全な作物をもとめるみなさまの姿勢にも繋がります。
いま一般に言われている『安心・安全』な作物には、農業者や販売者の立場によって、

  • 農薬や化学肥料を必要以上に使わない作物
  • 有機肥料を使い少量の農薬を使う作物
  • 有機肥料を使い農薬や化学肥料を全く使わない作物
  • 自然栽培の作物
  • 人里離れた山奥で作られた作物

など、こだわり・主張によって色々あります。
安全な農作物について言い始めたら切りがありません。
色々な外からの情報に、買い手は心配のあまりそれだけで疲れはててしまいます。
これではいくら求めても楽しい食卓にはなりません。

自分で育てた作物が一番

そこで、私たちが思う一番安心な作物は、食べる本人が丹精込めて育てた作物です。
植物を育てることにより、その植物に愛着がわきます。そして、育てるという愛情を受け取った植物はそれを美味しさとしてお返ししてくれます。

どんな方法で栽培しても構いません。自分ができる方法で育てたわけですから、自分にとっては一番安心で安全です。ですから、出来ることなら自分の食べる野菜は自分で栽培できればこれにこしたことはありません。

ですが、家庭菜園を出来る人は限られていますし、そのやり方がわからない人や、やりたくても時間がない人もいます。
また、お米、豆類、カボチャなど、田んぼがなかったり、広い畑がないなど、一般家庭では十分に量を確保できない作物もあります。


はたけ処 らでぃか がみなさまにできること

自分が育てた作物が安心だとわかっていても、量を確保できないとか、やり方がわからない、家庭菜園を持つことができない、そんな人のために私たちができることは、

  • 自然栽培で育てた作物の販売
  • らでぃか流野菜の育て方の記録

この二つです。
みなさま自身が安心できる楽しい食事ができるように、私たちはお手伝いしたいと考えています。


畑はどこにあるの?

北海道の真ん中、旭川市の北に隣接する鷹栖町に畑はあります。
鷹栖町がある上川盆地は周囲を大雪山などの山々に囲まれています。

夏は30℃近くまで気温が上がり、冬は-30℃までシバれることもあります。風は弱めで気候は安定しています。
そんな厳しくも優しい、恵まれた環境の中で作物は育っています。

肥料も農薬も使わない無肥料自然栽培に取り組む

私たちの畑は3ha(1ha=100m×100m)ほどあり、
2010年からその全面積を肥料も農薬も使わない自然栽培で作物を育てています。

鷹栖町に1997年に移り住み、2年間農家で研修を受けた後、1999年から新規就農者として農業を始めています。初めの頃は肥料や農薬を使って鷹栖町の特産野菜である胡瓜を栽培していました。
しかし、妻が農薬により体調を崩した2005年を契機に、自然栽培に取り組むようになりました。

野菜

初めは、自家用の野菜や豆の栽培から始め、徐々に出荷する野菜などにも広げていきました。現在では、お米(『ゆきひかり』を自家採種して栽培しています。)、キュウリ、カボチャなどを主に出荷しています。

自然のたまもの

らでぃかの畑で育っている作物たちは、自然の恵みだけで育っています。
そのため病気にかかりにくく、虫もつきにくいのです。

肥料も与えず作物が育つなんて不思議ですよね?

森林で草木が自然の力だけで育つように作物も育つのです。
でも、収穫量は多くはありません。
そのかわり作物の中に自然の恵みがいっぱい詰まっています。

みなさまに、安心・安全の食卓のお手伝いが出来れば幸いです。

生産者:小川一也・美由紀

a:61937 t:28 y:23

powered by QHM 6.0.3 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional